こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Orico UPty iD Card オリコアプティアイディカード 

オリコアプティアイディカード Orico UPty iD Card 年会費無料での威力





オリコカードは年会費無料でのカードはいくつか出ていましたが、このオリコアプティアイディカードがもっとも人気と実力をかねているカードといっても問題ないと思います。かつては、このカードは年会費は初年度無料でしたが、今は永年年会費無料までになりました。大ヒットしている理由は簡単で、無料にもかかわらずメリットが満載だからです。

メリット1・海外旅行メリット


海外旅行で役立つカードというとまずは海外旅行傷害保険が自動付帯していないとメリットは少なくなります。ですので、メリットカードは海外旅行保険があるかどうかから始まりますが、それで尚カードの年会費が無料であるなら、一応そのクレジットカードは海外旅行で役立つクレジットカードといえるでしょう。そこからは、それぞれのカードのさらなるメリットがどのくらい出てくるかですが、このオリコUPty iDは海外旅行傷害保険、カード年会費無料、と基本的なメリットはOKです。詳細は下記の通りです。


*カードはデザイン別にTune, iLive, Sweetの3種類ありますが全て年会費無料です。

●カード年会費永年無料
●海外旅行傷害保険最大2000万円まで自動付帯

ここでは、2000万円までの海外旅行傷害保険という点に注目ください。ここまで付帯してて自動付帯、そして無料カードとなると競合は限られてきます。また、オリコアプティは国内旅行保険も条件付帯ですが1000万円までついています。

注意情報:海外旅行傷害保険について

海外旅行を目的とする場合、海外旅行傷害保険の観点だけは整理しておくべきです。これが付帯していないと、もし自分で旅に出るとしますと、カードの保険期間と同じ日数・同じ保険金額をかけるとなんと自分で3万円以上もの負担をしないとならないのです。それがクレジットカード付帯であれば、本当に無料ですむのですからメリットは計り知れません。それが2000万円まで自動付帯ですが、これは無料クレジットカードでは最高額です。そして自動付帯というのは、何もしなくとも適用になりますので、「カードで旅行代金を支払った場合適用」などの条件付き付帯ではありません。

このオリコアプティも最大2000万円まで保険が自動付帯します。ただ、海外旅行傷害保険は、できればカードを1枚ではなく2枚以上持っているほうが得であることです。海外旅行傷害保険は最高額の死亡時の金額(この場合2000万円)に関しては合算できないのですが、それ以外のケガや緊急時の出費などについてはカード付帯保険を合算できるのです。なので、海外旅行傷害保険付きカードは2枚から3枚取得しておくと旅行保険は万全です。なぜなら、最も利用する必要が起きる保険は死亡時の保険よりもむしろケガや緊急時の保険だからです。海外でのケガや緊急手術などでは300万円以上もかかることも珍しくありません。そのとき、1枚のカードの保険額では足りません最低でも2枚以上とってください。つまり、自分で空港などで掛け捨て保険に入ったとしても、3万円も支払っても不十分だということです。


メリット2・買い物などでのメリット


●UPty iD Sweet(アプティ アイデイ スウィート)限定特典ですが、ぴあとの提携で1万店舗を超える全国のレストランや飲食店で5%~30%の大幅ディスカウントが受けられます
●ポイントが業界最高レベルで貯まる
●後払い電子マネー「iD」搭載でサインレスで1秒支払いのチャージ不要
●毎月の支払い額を自由に設定できるインターネット&電話設定機能
●365日24時間コンビニやATMでの追加払いが可能の自由支払機能→リボ払い手数料の軽減可能
●電気・ガス・携帯・PHS料金・高速道路料金(ETCカード)支払いをするとポイントがさらに1倍追加
●オリコモール(専用オンラインストア)でのネットショッピングでポイントが2倍~10倍追加
●日本語対応のトラベルデスクが多数サービス利用可能(海外51か都市 )
●大手旅行会社で提供している国内外の指定パッケージツアーが3~8%ディスカウント



機動力あるポイント制度について

オリコカードiDはポイントアップ制度「暮らスマイル」をセールスポイントとしています。ショッピング利用1,000円につき通常は1ポイント加算されますが(金額対象)、さらにショッピング利用1,000円以上1件につき、1スマイルが追加加算されるのです(件数対象)。1000円以上の利用でポイント還元率が高まっていくシステムです。

たとえば2000円利用したとすると、金額スマイル2Pに件数スマイル1Pが加算され合計3ポイントが取得できます。

加えて、年間で利用した金額が10万円以上から翌年から利用する基本スマイルに20%~150%のクラステージスマイルがボーナスとして追加されます。これが結構嬉しい機能で、使うほどにメリットが出るカードといわれる理由はここにあります。

例を書きますと、
今年の利用が10万円以上→ステージ10となり、翌年の基本ポイントが20%増加します。
最大になると、本年利用が120万円以上のとき→ステージ120となり翌年からは2.5倍の最高アップ率となりま(150%UP)。


ポイント交換例

貯まったポイントは、auポイントプログラム、Yahoo!ポイント、ドコモプレミアクラブ、楽天スーパーポイント、ちょコムポイント、Oisiポイント、JALマイレージクラブなどに交換可能となります。旅行族であれば、気になると思われるJALマイレージバンクとの交換は、JALマイレージクラブに加入するために年参加費3150円に加え、ポイント移行手数料1回あたり1,050円がかかります。100スマイルで300マイルで交換されますが、年間上限が5万スマイルとなっています。15万マイルまで交換できますので、十分でしょう。


ライバルのニコスビアソカードなどはオートキャッシュバック制度ですので、このマイレージ交換や商品交換ができませんので、選択の分かれ道となります。もしマイルや商品サービス交換を希望するならこのオリコアプティの方が便利です。

申し込みと詳細はこちらからオリコUPty iD





スポンサーサイト


テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



[ 2008/12/14 20:07 ] オリコアプティiD | トラックバック(-) | コメント(-)

NTTエヌティティグループカードのメリット 





NTTグループカードのメリットは絶大・年会費無料でNTT利用料最大60%オフ



NTT関連の通信サービスを利用している人であれば、NTTグループカードは取得して置きましょう。年会費無料でメリットが詰まっていますので、このカードは持っていて得します。NTTグループカードは、Yahoo!ファイナンスクレジットカード情報サイトで、2004年度から4年連続人気ランキング1位を続けている大ヒットカードなのです。


NTTグループカードの優れた点は、すでに語られていますが、まずはNTTグループの料金、NTT東日本利用料金、ドコモやOCNなどが最大で60%までキャッシュバックされます。これだけでも強烈なサービスですが、加えて、ポイントが得られます。


ポイントの利用方法

ポイントコースは、「おまとめキャッシュバックコース」もしくは「ポイントプレゼントコース」のいずれか1つを選択する方式になっていますがどちらがメリットがあるでしょうか。

これはNTTグループ利用代金が月間15,000円未満の場合は、「ポイントプレゼントコース」の選択をするほうがいいといわれています。「ポイントプレゼントコース」では、カード利用1,000円につき10ポイントが与えられ、NTT東西日本、NTTコミュニケーションズ利用は200円につき2ポイントがつきます。獲得したポイントはギフトカード交換の場合、1ポイントで0.83円の交換レートとなります。できます。ポイント還元率は0.83%ですが、一律0.83%というのは結構ハイレベルな換算ポイント還元率です。

NTTグループ利用代金が月間15,000円以上の場合は、「キャッシュバックコース」をとる選択のほうが得するケースが多くなります。ここでは、ポイント還元率1.0~1.5%が可能レンジになります。ただしこれは、出光ガソリンスタンドとキャッシング利用以外のカード総利用が月に4万円未満の場合は、それでも「ポイントプレゼントコース」のほうが還元率だけを見ると得します。

しかし、あくまでポイントは還元率に加えてどちらが希望かで決定すればいいことです。ポイントだけで決めるならカードを使う楽しみも減ります。


出光のガソリンスタンドでもお得


出光サービスステーションでNTTグループカードで支払うと、給油代金がキャッシュバック対象となる「出光キャッシュバックシステム」があります。毎月最低1000円以上を出光で利用すると、翌月から出光SSでの給油代金が1リットルにつき最低2円(軽油の場合は、最低1円)キャッシュバックとなります。出光での月間給油が4万円以上となる翌月は1リットルあたり4円以上のキャッシュバックとなります。これは、値引きが1リットルにつき2年となっている出光マイドプラスカードよりも得する換算率となっていますので、隠れたガソリンメリットカードということができます。


プログラムNの優れた優待制度

NTTグループカード会員が利用できる優待割引制度「プログラムN」とは、優待割引店舗2万店舗以上がリストされており、相当ネットワークが広い優待制度です。他のクレジットカード会社で同じようにこの制度を特典として利用しているところもありますが、多くは年会費有料のカードですので、NTTグループカードはこの点でも優れています。


その他のメリット

●JTB、日本旅行などのツアーが最大5%オフ
●年間最大100万円まで保証の買い物保険
●現代のネットショッピングに欠かせないオンラインショッピング保険つき




総評としてのNTTグループカード



以上のようなメリットを多く持つNTTグループカードですが、まず年会費無料である以上、どれかが自分の生活でメリットを持っているなら取得して利用しているうちに次第に得するカードに成長していきます。年会費有料であれば、しっかりカードの使い方などを考えてからでないと、取得して年会費だけを失うこともおきますが、年会費無料のカードはむしろ取得できるときにとっておくほうが後々さらに得する生活ができます。


また、申し込みについては、入会して次のどれかに当てはまるともれなく最大3000円キャッシュバックされます。これはお得な企画ですので、期間中(2008年9月終了予定)であれば是非利用しましょう。

以上の申し込み案内とカード機能の詳細については、カードウェブサイトからご覧くださいNTTグループカード






テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



[ 2008/10/19 23:32 ] NTTグループカード | トラックバック(-) | コメント(-)
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。