こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

速報、楽天カードと楽天マイワンで4000ポイント獲得です 

噂は嘘ではありませんでした。ためしに申込んでみたのですが、楽天カードと楽天マイワンは2000ポイント獲得できます。合計で4000ポイント、つまり4000円分の買い物がすぐリスクなしで可能になるカード、ということです。

楽天マイワンはカードを申込んだら2000ポイントでした。
そしてクレジットカードの楽天カードは、カードが手元に届いたら2000ポイントでした。

それで合計4000円が手元に入ったようなもので、すぐに楽天で買い物が出来てしまいます。
ノーリスク、コストなしで単に4000円分もらったも同然でした。

まず、楽天のマイワンはクレジットカードではなく、キャッシングカードです。ですが、単なる消費者金融のカードキャッシングのようなイメージの悪いものではありません。

そして楽天のマイワンは申込むだけで(仮にカードが発行されなくとも)ちゃんと2000ポイントくれますなので、とにかく申込んでおくほうが今は得です。

●使わないでもちゃんと2000ポイント
●カードがなにかの理由で届かなくとも2000ポイント
●とにかく申込めば2000ポイント

2000円分の買い物がすぐ楽天でできるということです。


そのうえ、このマイワンは下手な名も知れぬクレジットカードよりよほど使い道のあるキャッシングができます。

●恐ろしい低金利でキャッシング(クレジットカードより安いこともあります)
●最大500万円まで借りれて使い道自由(これも恐ろしく凄いですよ。普通ありえない限度額です)

カードさえ持っていれば何でも自由に使えます。クレジットカードとはちょっと違った得な使い方もできるわけです。

とるかどうか、よりも、まず2000ポイントもらっておきましょう。
じゃないと単に損するだけです。


同様に、楽天のクレジットカードの楽天カードも持っているほうがやはり便利ですが、そちらは「申込みで2000ではなく、カードが届いたら2000ポイント」です。なので、カードが発行拒否されると2000ポイントにはなりません。であっても、申込むほうが得ですけどね。発行されればそれで2000円分買い物OKですので。詳しくはこちらを。

スポンサーサイト


テーマ : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!! - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2008/03/08 17:15 ] キャッシング情報 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://52cashing.blog123.fc2.com/tb.php/150-eb475953

管理人の承認後に表示されます
[2008/03/14 14:18]
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。