こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なにが違う?メガバンク系・三井住友銀行グループのアットローン 

安心&便利の三井住友銀行グループ
来店不要、即日ご融資
自動審査5秒回答♪最高300万円、即日ご融資のアットローン

消費者金融系キャッシングも最近は淘汰される時期になりつつあります。それはこれから金利設定のグレーゾーン撤廃などの動きで、中小のローン会社がやはり体力勝負で付いていけなくなることが起きてくるから、といわれています。

そんな中、新たなキャッシングをする場合、まず間違いないお薦めがしやすいのがメガバンク系のキャッシング会社によるローンです。まず、金利でのメリットもありますが、安定経営が背景にあり無理のない相談が可能だからです。これから借りる場合、まずはメガバンク系のキャッシングはやはり安心材料です。


アットローンはもちろんメガバンクの三井住友銀行グループの会社であり、その意味でもまずは安心感が高いです。自動審査5秒回答、即日融資可能。限度額は最高300万円(初回200万円まで)とゆとりの大型ローンと、さすがにメガバンク系ならではのサービス体制を見せています。
実質年率15.0~18.0%は、やはり中小の金融会社では実現できないレベルで、利息は借りた日数分だけです。入会金・年会費も無料ですので、カードローンとしてはやはりこのあたりから、が一番お薦めしやすいです。アットローンはお薦めしやすいカードローンなのです。


スムーズな審査でカード発行もしてくれるので、最短、申し込んだその日のうちにキャッシングが可能で、インターネットでの申し込みは、24時間、土日も受け付けています。ATM手数料も無料ですし、翌日にはカード受け取り可能です。

<貸付条件>

 ●商品限度額    :300万円以内 ※初回申込み時は200万円まで
 ●遅延利率     :年率21.90%~26.28%
 ●担保・保証人   :不要
 ●ご利用いただける方:満年齢20歳~65歳の安定した収入のある方
 ●申込時必要書類  :ご本人様の氏名・住所・生年月日を確認できる運転免許証、健康保険証、パスポートなど本人確認書類※50万円を超える融資を受けるには「収入を証明するもの(写し)」が必要です。
 ●返済方式     :残高スライド元利定額返済方式
 ●契約期間     :5年毎更新
 ●資金使途     :自由
 ●ATM情報      :三井住友銀行、プロミス、全国主要コンビニなどのATMで24時間ご利用可能。

 本社 アットローン株式会社 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル
 TEL 03-6253-8868 登録番号 関東財務局長(3)第01236号

スポンサーサイト


テーマ : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!! - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2007/11/06 01:00 ] キャッシング情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。