こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年会費永年無料のJCBタイプセレクトカードで、さらに3000円もらう 



2008年9月30日までの大ヒットキャンペーン展開中


JCBカードファンであればすでに知っていることかもしれませんが、JCBカードは、もちろんJCBカード本体のウェブサイトからも申し込みできるのですが、もうひとつ、さくらJCBカードのサイトから申し込みできるカードも多いのです。そして、同じ機能の同じカードなのですが、JCB本体とさくらJCBカードの申し込みでは、メリットがことなることも実際に多いのです。


では、どちらから申し込んだほうが得なのでしょうか?それは、さくらJCBカードサイトからネット申し込みするほうがたいていの場合はメリットが多いです。キャンペーン展開も多く、場合によっては初年度年会費無料となるのがさくらJCBカードだけ、という場合すらあるのです。
さくらJCBカードのサイトから申し込みできるカードはこちらの姉妹サイトをご覧ください
*その中でメリットあるキャンペーン中のカード一覧はこちらをご覧ください


そして、今回のさくらカード Type Select JCBカードキャンペーンはまさに、さくらJCBが出している大ヒットキャンペーンです。


キャンペーン条件は条件は次の通りです


1)カード加入でもれなく500円分のアマゾンギフト券
2)加入後に3ヶ月以内で3万円以上カード利用するともれなくあと3000円分のギフト券
3)入会後の翌々月15日までに5000円以上カード利用があった方に抽選で30名に1人の割合で任天堂Wiiがあたる

以上がキャンペーンですが、見たとおりなにも難しいこともありません。タイプセレクトJCBカードは年会費永年無料とはいえ、JCBカードの基本機能とその他のメリットは十分です。

●Type Select JCBカード会員専用サイトからのオンラインショッピングでポイントが最大5倍
●JCBカードを利用してオンラインショッピングでご購入いただいた品物の破損や盗難を、ご購入日から90日間、年間100万円まで補償します(1事故につき自己負担額1万円)。安心・安全にショッピングが楽しめます。
●JCBカードなら、インターネットショッピングやプロバイダー料金のお支払いなど、カードの提示を伴わないご利用においても安心です。万が一覚えのない請求があった場合、すぐにカード裏面に記載の発行会社までご連絡ください。状況調査のうえ適用条件に基づき、請求が取り消されます。
●JCBトラベルやJCBプラザなどの旅の窓口も利用可能

JCBカードは、利用するメリットの具体例も大切ですが、使ってみるとサービスの質に驚くことが多いです。やはり日本の会社だけあって、細やかなサービスはほかにないすばらしいものだからでしょう


スポンサーサイト


テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2008/07/01 21:32 ] JCBタイプセレクトカード | トラックバック(-) | コメント(-)
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。