こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

優良・楽天の住宅ローン フラット35とフラット20 

楽天の住宅ローン フラット35とフラット20

これから住宅ローンを検討して借り入れを考えている方へ。
楽天のフラット35フラット20は是非、最初にご検討ください。

なぜなら、これらのローンは、あの資金力豊富な楽天が力を入れている分野であり、支払い総額で全国ナンバーワンを目指している楽天としては、できるだけ多くの人にローンを使ってほしいという積極的な姿勢が現れています。

ということは、融資も通りやすい環境で難しそうなイメージで銀行融資などをお考えの方は、その考え方を修正ください。まず楽天に申し込むことは、それらを再スタートすることも可能ですし、過去の問題を引きずって考えることもありません。トライする意味では、審査も融通が利く楽天を利用するほうがよほど得です。

そして、得な理由のもうひとつが、金利です。
フラット35で2.83%と事務手数料
フラット20では、2.62%と事務手数料
という驚愕の金利です。ここまで安い金利を実現しているからには、やはり資金力もありますが、総額で多くを貸し出さないと運営自体も大変です。つまり、どんどん貸し出したい姿勢すら見えます。

ローンは自分でしっかり選べばもっとおトクになります。住宅ローンは比べて選ぶ時代です。
マイホームの夢は楽天がこれならが大きくバックアップしてくれます。
低金利で安心、返済も楽な楽天は、選ばれる理由は上に述べたとおりです。そして、低金利・最長35年の固定金利・来店不要・保証料、繰上返済手数料0円など、整理すればその よさも改めてわかります。

楽天モーゲージの強みがどうしてここまで可能かというと、インターネットの活用で、ローコストオペレーションを追求していることが第一です。それによって、利用者側はインターネットにより自宅で好きな時間に住宅ローンの手続きが可能となります 
 また、新生銀行と協力した、最新のテクノロジーを活用した信頼性の高いシステムも開発しており、借り入れ後も、楽天グループが提供するサービスを様々活用できます。
そして、専用のコールセンターは24時間365日対応しています。

楽天の住宅ローン誕生は住宅の夢が近づいたともいえます。

住宅ローンは、長い付き合いです。
安い金利、安心の会社、そして安心のローンタイプなどを考えると、楽天は今ではすでに一流企業として十分なステータスと安心感を持っています。そして資金還元できる体力があります。

この楽天の住宅ローンは、これからの検討に価値ありなのは明白です。

スポンサーサイト


テーマ : 投資・資産運用とくとく情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2007/11/08 01:33 ] ローン一般情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。