こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JCBカード取得で3000円・大メリットキャンペーン中 

JCBカードに加入して3000円分のギフト券をもらえるチャンス


さくらカード
*このカードもキャンペーン対象です

ノーリスクで単に3000円分のギフト券がもらえて、その上30人に1人の割合で任天堂のWiiが抽選であたる


JCBカードでいま加入して大メリットのキャンペーンが密かに進行中です。なぜ密かにか、ですが、これはちょっと理由があります。実は、JCB本体のネット申し込みキャンペーンではなく、さくらJCBカードサイトからの申し込みでしか適用されないキャンペーンだからです。

しかし、機能性もデザインも同じJCBカードに加入するのに、JCB本体から申し込みするとメリットがないどころか、初年度無料でOKとなる年会費まで初年度から有料となるカードまであるのです。目的のJCBカードが、さくらカードサイトからも申し込みできるなら、JCBカードはさくらカードのサイトから取得するほうがメリットがはるかに大きいのです。


さくらJCBカードからの申し込みのメリット


JCBカードはかつてさくら銀行からも、さくらブランドで発行されていました。その営業の名残なのか、今でもさくらカード経由でまったく同じ機能とデザインのJCBカードを申し込むことができます。そして、ほとんどの場合、実はさくらカードのサイト経由でネット申し込みすると、JCBカード本体のサイトから申し込みするよりもメリットが多いのです。

この場合、3000円のギフトカードとWiiの抽選ですが、もちろんこれもJCB本体では申し込みしても適用になりません。しかし、さくらカードサイトからですとこのようにメリットが隠れているわけです。

その上、上記のカードの中でも機能性もゴールドカード並みの年会費実質無料のJCBビアッジョカードなどのように、JCB本体から申し込みすると年会費まで最初からかかるのに、さくらカードサイトから申し込むと年会費も初年度無料になるものまであります。

もし、同じカードが取得できるならJCBカードを取得するなら必ずさくらカードサイトからネット申し込みするべきなのです。中には、JCB本体でしか扱わないカードもありますが、実際はJCBカードの主な主力カードはさくらJCBカードサイトからもネット申し込みできるものが多いのです。

*例外も少しあります。たとえばJCBゴールドカードは、「さくらJCBゴールドカード」というブランドになりますので、機能性は同じでもカード名とデザインが少しだけ異なります。

このように、JCBカードをさくらカードサイトから取得できるカード一覧はこちらのカード一覧からご覧ください。この中にご希望のカードがあるなら、このさくらカードサイトから申し込みするほうが得なことが多いはずです。



キャンペーン条件は条件は次の通りです

●キャンペーン対象のJCBカードをさくらJCBカードのサイトから申し込んで取得する
●取得後、3ヶ月以内に3万円以上カードで利用すると全員に3000円分のギフト券プレゼント
●取得後、翌々月の15日までに5000円以上利用すると任天堂のWiiが当たる抽選にエントリーされる
●キャンペーン対象カードは次の通り

タイプセレクトJCBカード(年会費無料でJCB機能充実の人気カード)
JCBビアッジョカード(海外旅行ファン必携となったゴールドレベルの実質無料カード)
JCBドライバーズプラスカード(恐るべき最大30%キャッシュバック還元率で大ヒット)
ETC/JCBカード(ETC機能とJCBがひとつになったカード)
JCB LINDA(女性のJCBカード最大の人気カード)
JCB EGO(賢く使って賢く得するオトコのパスポート)
さくらJCBゴールドカード(JCBゴールドと同機能のカードを初年度無料で)
さらくJCB一般カード(JCBカードと同機能のカードを初年度無料で)



これらのカードはカード一覧でみれます

以上です。お気づきかもしれませんが、タイプセレクトJCBカードは永年年会費無料です。ですので、このカードを利用するならなにもリスクもありません。また、LINDAを除くすべてのカードは初年度年会費無料となります。これも、もし1年間利用してメリットがなければキャンセルできるわけですので、実質的にリスクはゼロです。そして、LINDAは実は年会費はなく、運営費が毎月105円かかるだけですが、これも月々の携帯電話・PHSのご利用料金をJCB LINDAで支払う場合、または支払い金額が月額1万円以上の場合は無料となります。

初年度無料の場合、賢い利用方法としては取得を怖がらないことです。1年間付き合ってみて何もメリットが出なかった場合は、そこでキャンセルしても問題は起きません。むしろ、そのような試験期間を利用して自分にあったカードを選んでいくことも現代のカード生活達人の手法でもあります。どんどん利用しましょう。


ですので、どのカードを取得してもほとんどリスクもコストもなしで、単に3000円分のギフト券をゲットできる可能性が出るということです。


その上、この3ヶ月以内で3万円という額ですが、月1万円という金額は不可能な金額ではない場合が多いはずです。仮にガソリン代や電話料金、それに電気、ガス、などの生活固定費を支払ってもいいわけですし、旅行代金を支払うこともOKです。もちろん、日々のスーパーマーケットなどでの買い物を利用していても無意識のうちに3万円は使ってしまうでしょう。

つまり、ほとんどは誰でも3000円をもらえることと同等のキャンペーンです。

キャンペーンの詳細と申し込みサイトはこちらからキャンペーン


さくらカード



スポンサーサイト


テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2008/07/04 00:52 ] JCBカードキャンペーン | トラックバック(-) | コメント(-)
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。