こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIFE CARD マイレージ稼ぎにライフカード・海外旅行のポイント稼ぎ 

ライフカード Life Card は海外旅行にも使えます


海外旅行ファンは日本には多いですね。島国でストレスが多いとなるとやはりストレス解消は海外旅行かもしれません。そのときに必要なのがクレジットカードです。

これは当然、現地での支払いに必要にもなりますが、それ以外にも、最近は2つの点で海外旅行には必要です。

まずは、海外旅行傷害保険
これは、かつては海外に行くたびに何万円も支払ってたった一度の旅のために保険にはいり、それで終わりでした。ただ、今はこれがクレジットカードに無料年会費であろうと付帯していることがあります。ライフカード Life Cardは海外旅行傷害保険が、最大2000万円まで自動付帯です。
それでいて、初年度年会費無料です。
*2年目以降は本人年会費年間1,312円(うち税62円)、家族会員年会費420円(うち税20円)

これは初年度とはいえ無料のカードでは最大ですので、まずメリット大です。

そして、このカードの凄いところは、買い物をするとポイントがつくこと。そしてそのポイントをANAのマイレージに移行できることです。1000円で4ポイントですので、4マイルになります。ただ、これは表の情報で、入会後3ヶ月はポイント2倍、誕生日の月の買い物は5倍、など入会後にどんどんポイントは溜まります。
そして、ANAのEdyカードをもっているなら併用ができます。ライフカードで支払っておいて、ポイントをANAEdyカードにチャージしてマイルゲット、そしてチャージしたものを使ったときにまたANAマイルをゲット。

このように加速度的にマイレージがたまっていくのがライフカードです。
全日空ANAはスターアライアンスにも属していますので、マイルをためたらユナイテッド航空でハワイに行くのもアメリカやアジアに行くのも可能ですし、ほとんどの国にスターアライアンスの航空会社を使って海外旅行ができます。

これで、初年度年会費無料(傷害保険を付けなければ永年無料です)。恐るべきカードです。
クレジットカードですので、あまりサラ金イメージとして考えることはないです。最近はオダギリジョーをCMに起用したりでイメージもよくなっていますので、立派なクレジットカードとして使えます。

ライフカードは国内の旅行や生活でも、ポイントがどんどんたまるので、様々な商品に交換しやすくすばやく還元できます。

これは、迷うのではなく1枚持っておくべきカードなのです。得するのですから。






スポンサーサイト


テーマ : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!! - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。