こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NICOSとUFJ ヴィアソカード VIASO CARD ビアソカード 比較とメリット 

VIASO CARD ヴィアソカードは年会費無料で海外旅行傷害保険付き


ビアソカードはUFJとニコスブランドで出ているカード。
どちらのほうがいいか?となると、おそらくはビアソカードだけについていえば、ニコスビアソカードを取得するほうがいいでしょう。UFJのほうが好きな方はそれでもOKだと思いますが、一般的にいってニコスカードを取る人のほうが多いかと思います。

その最大の理由は、海外旅行傷害保険です。ともに2000万円という無料カードとしてはトップレベルの十分な位の金額です。ただ、ニコスは持っているだけで無条件に付帯するのですが、UFJビアソカードは、旅行代金を支払わないと保険が適用になりません。なので、間違って現金などで旅行費用を支払うと保険が効かないということになるのです。

ですので、一応、問題がない限りはニコスをお薦めしています。

ビアソカードの最大の特徴は言うまでもなく年会費無料にもかかわらず、メリットが大きいことです。ここまでメリットを出してしまって、はたして今度は年会費を支払ってわざわざレギュラーカードに入る意味があるのだろうか?そんな気さえしてしまいます。


1)海外旅行・国内旅行の旅行傷害保険が最大2000万円まで無料で自動付帯
これも凄いことですね。無料で、海外旅行の保険が2000万円付くわけです。それも自動付帯ですので、ようある「旅行代金をカードで支払った場合」などの条件はなく、カードをもって旅行する限りいつでも付帯している状態となります。


2)買い物ポイントのたまり方が凄い
これは是非こちらのページもご覧ください。海外でも国内でもとにかく買い物はすべてこのビアソカードで行っていくなら、ポイントは相当早くたまります。それも特に女性のショッピングフリークの心を揺さぶる理由です。このビアソカードを使い込んでいくと、本当にカードを使うことが楽しくなります。


ビアソカードは近年では、ヒットカードです。やはり無料であって、センスもよくまとまっていて、それでいてメリットも大きい。特に行動派の若者や購買力があるOL・サラリーマンにも訴えて、利用者数は増加の一途です。これは、持っているだけでも結構得する機会が増えてきます。そんなクレジットカードがこのビアソカードといえます。

キャンペーンも出ていますので、下記のリンクから申込みできます。
VIASOカード申込みサイトへ
*上記キャンペーンが終了している場合は、こちらのページからお進みください。


すでに十分なカードを持っている方にまでは不要でしょう。しかし、まだ1枚や2枚程度、もしくは全くカードを持っていない方であれば、無料である以上このビアソカードは取得しておいて将来使うようになったとき、真にメリットを楽しめるカードとなるはずです。

スポンサーサイト


テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。