こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UCSカルワザカードは かるわざ でギフト券プレセント Karuwaza Card 

UCSカルワザカードは かるわざ でギフト券プレセント Karuwaza Card


得するメリットありのクレジットカードは今はカルワザカード


KARUWAZA CARD カルワザカードがかるわざで仕掛けるキャンペーンが2007年12月28日まで展開されています。これは、カルワザカードに入会すると、アマゾンギフト券500円分と、その後の利用が5000円を超えるニコスギフト券500円、または1万円を超えると1000円がもらえるというものです。つまり最大1500円のギフト券が、年会費も入会金も無料のクレジットカードに申し込んで手にするだけでチャンスをもらえるわけです。最低でも500円はもらえてしまうので、要するに得するだけのキャンペーンです。

これで、もし今新たにクレジットカードを作るなら、または他にいますでにクレジットカードがあっても、このカルワザカードには一切会費はかかりませんので、カードを手にするなら今年12/28までが絶対のチャンスです。

要するにカルワザカードもカード保有者をもっと増やしたいわけですので、こういうときこそ審査も楽になります。いままで、なかなかクレジットカードを取れなかった人も是非申し込むべき機会でもあります。

カルワザカードは、年会費無料だけでなく、様々な特典が実は多くて、結構人気のカードです。海外旅行傷害保険は最大で1000万円無料で付帯しています。これは無条件付帯ですので、カードをもっていれば付帯していることになります。

他にも、無料カードでもゴールドカードでも海外旅行保険が付いているカードはありますが、半分程度のカードは旅行代金をカードで払うことが条件となっていたりします。しかし、カルワザカードは無料で同時付帯です。

また、コンビニエンスストアのサークルKやサンクスでは、このカルワザカードで様々な特典がついたり、ポイントが買い物でたまっていったりで、楽しさもあるカードです。

とぼけたデザインがユニークでちょっとした裏ブームになっているカルワザカードですが、カードファンならこの機会を逃さないでゲットしましょう。詳しくはホームページ、UCSのカルワザカードにかいてあります。

今はお得なキャンペーン中ですので急ぎでレポートです。これを逃すとしばらくはこのカードも本来の申し込みに戻るはずです。
スポンサーサイト


テーマ : クレジットカード - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。