こんなに得する!年会費無料・初年度年会費無料のクレジットカード

年会費が無料でもここまで得するか、というほどのメリットありのクレジットカードとキャッシング情報を口コミで検証

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

楽天住宅ローンの積極姿勢は評判よし 

楽天住宅ローンの積極姿勢は評判よし


昨日、SBIの住宅ローンが最近利用者増加中と書きましたが、同じように、このところ勢力地図を塗り替える勢いなのが楽天の低金利住宅ローンです。このローンの凄さは、「全国第一位の貸し出しを目指す」という積極融資の姿勢を見せる楽天の経営方針にあります。つまり、たくさん貸し出したいのです。もっと言えば、多売での利益を目指していますので、その分金利が大幅に下がります。これはユーザーには非常に嬉しい話です。

フラット20(20年間固定金利)とフラット35(35年間固定金利)の2つの主力商品は、ともに勢いよく契約者数が増えています。もちろん、低金利のため申し込み増加であることは間違いないですが、それと同時に、できるだけ多くの人に融資するという審査などでも積極的な姿勢を裏付けるものです。

通常、銀行ローンは安心。などと、言われることもありますが、最近は場合によっては楽天やライブドアのようなIT系企業のほうがはるかに資金の流動性もあり、即決判断されることも現実に起きます。銀行はいまだに堅く、なかなか自営業者や自由業者には貸し出しもしませんが、このような斬新な企業姿勢をもつ楽天ローンとなりますと、相談・融資の幅は大きく変わります。

そして、その上低金利で大手銀行などとも遜色ないレベルに落としてきています。こうなると、いままでの常識では物語れない時代になったといえます。

もし、これから住宅ローンを借りようとお考えだったり、借り換えやお困りの状況であるなら、かつての常識だけでなく、楽天のような新タイプの企業を考える必要は実際に起きてきます。そんな時代になったということでしょう。


おなじく、GE Moneyの住宅ローンも、世界的企業GEをバックに外資系ならではの経営で、大変ユニークな融資を実現しています。この会社の融資でユニークなポイントは、自営業者、派遣社員、契約社員、外国人、などあらゆるタイプの人に適した住宅ローンをそろえて、住宅購入をバックアップしようというところです。これも、やはりかつては日本の銀行や公的機関は最も手を出したがらない分野でした。

これもいいローンです。楽天、GEマネーそして昨日のSBI住宅ローン、これが今は銀行ローンをしのぐ勢いで利用者数を伸ばしています。その理由は、やはり幅広い顧客層の開拓に成功しているからに他なりません。


人気ブログランキングに参加中です



スポンサーサイト


テーマ : 投資・資産運用とくとく情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー



この記事をリンクする?:


[ 2007/12/02 06:24 ] ローン一般情報 | トラックバック(-) | コメント(-)
携帯電話料最大50%オフ
怒涛のキャッシュバック率を誇る年会費初年度無料カード。年会費を支払うようになっても、すぐに元以上が取れる大メリット型の定番カードです。携帯電話を利用するならキャッシュバック率業界最大50%のKパワーカードは必須アイテムです。
K-パワーカード(UFJ)

人気TOPのクレジットカード
当サイトで不動の長期人気を保っている年会費無料カードがニコスビアソカードとオリコアプティiDカードです。海外旅行、ポイント獲得に優れ年会費も完全無料のため入会者が常に多いです。審査から発行までの簡単さも手伝って、特にニコスビアソカードはトップをキープしています。
ニコスビアソ
nicos_viaso_card[1]
オリコアプティ

審査がもっとも簡単といわれているのがニコスビアソカードと楽天カードです。審査が心配な方はこちらから始めましょう。また、楽天カードは加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえます。
一流の証明・アメックスカード
アメリカン・エキスプレス・カード 
常識以上のメリットがあるアメリカンエキスプレスカードは年会費こそ有料ですがやはりサービスは最上級レベルです→詳細はこちら
情報案内
このサイトではクレジットカード、キャッシング情報などを口コミ情報とデータをミックスしてアップデートしております。古いデータや情報には誤差が含まれやすいためご注意の上ご覧ください。

ブログランキングへ
免責事項
当ブログでは情報は出来る限り適切に掲載しておりますが、情報に変更や解釈の違いが発生し、結果的に掲載会社のご利用で損害が発生した場合、当方では責任は負えません。情報は各金融会社のホームページで最終確認しご判断ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。